エモい?コワい?イニストラードのフレーバーテキスト

2020年11月19日

はじめに

「イニストラードを覆う影」「異界月」のストーリー紹介も終わったところで、やはり触れておかなければいけないのは、そのストーリーや世界観を端的に表したフレーバーテキスト(FT)ですね!

というわけで、今回は二つのエキスパンションの素晴らしいFTたちをご紹介します。

イニストラードを覆う影ブロックは、次元が庇護者からの裏切りを受けた背景から、エモいFTが多い中、その世界観を後押しするような恐ろしいFTもたくさん存在します。

いくつか厳選してご紹介しますので、自分のお気に入りを見つけてみてください!

 

武器庫の解放・翼切り

「アヴァシンが戻ったとき、こんな物は必要なくなると思った。まさかそれを天使に向ける日が来るとは。」

この世界を守るべく作られた者たちからこの世界を救うという残酷な使命。

 

どちらも、イニストラード流エモフレーバーの代表格です。

解説不要ですね~。

 

死中に活

「我が生涯は教会に、我が魂はアヴァシン様に、我が心は人々に捧げた。」

アヴァシン教会の影響の大きさを知れる場面です。

「アヴァシンが死んだ」という事実は、タミヨウやジェイスをはじめとした人々に衝撃を与えますが、その事の重大さがなんとなく伝わるのではないでしょうか。

 

今夜を生き延びる・金縛り

長すぎる夜は時間では測れない。心臓が何度鳴ったかだ。

眠りが常に休息を意味するとは限らない。

イニストラードのコワイFTの代表格。

「今夜を生き延びる」はこのテキストのわりに破壊不能を付与というのは一体…。




単体騎手・同体騎手

「馬と乗り手は一心同体などとよく言うでしょう。」
――ガヴォニーの騎手、ウルダ

「……でも、実際に同じ体になっているのは今朝見たのが初めてね。」
――ガヴォニーの騎手、ウルダ

イニストラードブロックでは、裏面カードが実装されているため、表裏でFTがつながっていることもしばしば。

しかも、だいたい裏のほうがオチになっている感じがイイですね。

エムラクールに汚染されたものの末路を端的に表しています。

裏面カードからもう一枚ご紹介。

 

絡み爪の人狼・繊維質の絡み屋

「肉を裂く長い爪と、骨を砕く大きな歯を持ってるもの、なーんだ?」

――ケッシグのレインジャー、ハラナ

「……正直なところ、私にも分からない。」

――ケッシグのレインジャー、ハラナ

Q「なーんだ?」

A「なぁにこれぇ」

 

では、筆者的イニストラードFT最エモ大賞を発表します!

忌みの一掃

「より良い未来のために戦うのです。たとえその日を、生きてその目で見ることはできなくても。」

――聖トラフト騎士団のグレーテ

はいカッコいい。

協力ゲームなどで、仲間を守るために自爆特攻する際に使ってください。




今回はここまで

いかがでしょうか。

イニストラードのFTは、コワくもあり、だからこそカッコいいものも多数!

何気ないコモンカードでも、そういうところに力が入ってて素晴らしいですね。

さて、最後は私が個人的に好きなFTをご紹介して〆にしたいと思います。

 

心がエルドラージに触れても、必ずしも怒れる狂人と化すわけではない。

単にこの世界に背を向け、幸せな思い出に逃避する者もいる。

おばあちゃん!?

 

いやおばあちゃん!?

 

おばあちゃあああああん!?

 

 

 

Posted by オクハラデン