【イニストラード:真夜中の狩り】第5回 収穫祭の終わり【ストーリー】

はじめに

イニストラードの昼夜の均衡を正すべく、カティルダ主催の収穫祭が始まりました。

そして、そこへ乱入してくる狼男たち。

アーリンは元同胞として、その首領トヴォラーとの決闘へと向かうのですが。

なにやら、狼男たちとは違う影も近づいているようで…?

 

目次

オリヴィア邸にて

扉を叩く音に殺意を覚えたのは、吸血鬼の淑女オリヴィア・ヴォルダーレン。

丹念に時間を費やし剥がした乙女の皮が、自らの顔から動かぬように。

入室してきた召使フォイヤーが彼女へと上げる報告を、目を開けずに聞いていたのでした。

「私に無駄な骨折りをさせないことね。美容の時間を邪魔されるのは我慢ならなくてよ」

(中略)

「我が最も輝かしく強大なる淑女、オリヴィア・ヴォルダーレン様」

彼女の唇が小さな笑みに動いた。その通り。宜しい。

「人間たちに関する知らせをお持ちしました」

オリヴィアの笑みと良い気分は、消えた。

 

曰く、人間たちは昼と夜の均衡を正そうとしている。

そしてそのために、彼らは祝祭を行おうとしているのだと。

旅人の一団がそれに加担しており、率いているのはアーリン・コード。

そこに加わっている髪の燃え立つ女性が、月銀の鍵のことを聞いていたと。

フォイヤーは吸血鬼へと、さらなる情報収集をするつもりだと言ったのでした。

オリヴィアはため息をつくように、その必要はないと答えます。

「フォイアー、お前が欲しがっていた材料を誰かが手に入れたとしたら、どうします?」

「ふむ。殺すでしょう」

わかっていない男だ。

「そうですわね、それは明白です。ですがいつ殺すのですか?」

「直ちに、です。侮辱を向けられたに等しいのですから」

オリヴィアは声をあげて笑った。

「だからお前は視野が狭いのですよ、かわいらしい子」

 



狼たちの決闘

狼の姿で決闘となったアーリンとトヴォラー。

爪と牙が乱れ舞い、互いが互いに傷を増やしていく中、トヴォラーはなおもアーリンへと呼びかけていたのでした。

「帰ってこい」と。

やがて彼は、アーリンを押さえつけます。

そして、群れへ帰ると言えば離してやると突きつけたのでした。

アーリンは目を開けた。今や彼女は理解した。トヴォラーは、聞きたい言葉を聞くまで離すつもりはない。

「ただいま」

その短い言葉を発するだけでも多大な努力を要し、だがかろうじて声に出した。

その言葉は嘘ではない。

 

アーリンを立ち上げ、抱きとめるトヴォラー。

それもまた、彼女の帰る場所。

トヴォラーの気持ちは、アーリンから離れていない。

しかし、彼の獰猛さや残忍さから、アーリンの気持ちはすでに彼から離れていたのでした。

アーリンは彼の胸骨へと、鉤爪を深く突き立てます。

これは不意打ちだ。正当ではないと言う者もいるかもしれない。

だが彼の襲撃を止められるなら、世界においてこれ以上に正当なものはない。

 

よろめくトヴォラー。そしてゆっくりと事態を理解し。

彼はかすむ両目でアーリンを見ていたのでした。

それは、肉体ではなく、心うちで何かが壊れたのだとわかる表情。

そして敗北を認めたように、彼は狼へと撤退の遠吠えを上げたのです。

アーリンは彼を下ろし、手を引き抜き、上体を起こして座らせた。

痛みに屈む姿を見たなら、他の者たちは彼を生きたまま食らってしまうだろうから。

トヴォラーは再びアーリンを見た。彼女はかぶりを振った。

(中略)

ついて来るか、彼はそう尋ねはしなかった。

 



儀式の完成へ

満身創痍のアーリンに追いつくエーデリンの白馬。そして馬上から伸ばされるチャンドラの手。

人間の姿へと戻ったアーリンは、終盤へ近づく収穫祭へと戻ります。

詠唱を続ける魔女たち。月銀の鍵を掲げるカティルダ。周囲の人々の目に宿る希望の光…。

そして突然、魔女たちにより呼ばれるアーリンの名前。

イニストラードじゅうの視線を浴びる中、彼女はカティルダの待つ祭壇へと昇ったのです。

「昼のために其方の血を注ぐ気はあるか? 恐怖の内に生きる者を、其方の牙で守る気はあるか?」

彼女は視線を動かした。

(中略)

誰も、その正確な意味を理解しているようには見えなかった。

「そうします」

彼女はそう返答した。自分は理解している、そう確信した。

 

ふらつく身体で、黄金の鉢へと血を捧げるアーリン。

魔女たちの口はだらりと開き、そこから溢れる銀の流れは鉢へと向かい。

力の抜けていくカティルダの体を、他の魔女が支える…。

しかし唐突に、祭壇は大きな影に覆われたのでした。

同時に漂う、死の香り。

それは人間の目にはとらえられない速度で起こり、だがアーリンには追えた。

赤と金の光線が空から稲妻のように落ち、ありえないその色にカティルダは息をのんだ。その光線の中には、オリヴィア・ヴォルダーレンがいた。

 

咄嗟に月銀の鍵へと飛びついたアーリン。

しかし、宙へと舞い上がったオリヴィアの腕には、力を失ったカティルダがいたのでした。

冷笑とともに地を見下ろした吸血鬼は、魔女と交換に鍵を要求します。

鍵と、そしてカティルダ。両方がなければ完成しない儀式。

苦渋とともに、アーリンはオリヴィアへと鍵を投げました。

彼女は空いている方の手で鍵を掴み取った。それを見つめ、オリヴィアの顔はますます喜びに輝いた。指先から煙すら上がった。

「カティルダさんを下ろしなさい!」

アーリンは叫んだ。

喜びはしかめ面に代わった。

「間もなく花嫁となる者に向ける言葉遣いではなくてよ」

 

やがて、上空から「落とされた」のではなく、「投げつけられた」カティルダの身体。

すんでの所でアーリンが飛び込むも、激突する肢体、そして砕けるカティルダの骨。

その視界が晴れた時、吸血鬼は夜闇へと消えていたのでした。

鍵は奪い去られた。

セレスタスは沈黙していた。

イニストラードに夜が降りた。

ここから永遠に続くであろう夜が。

 



今回はここまで

BAD END!!!

「真夜中の狩り」のストーリーはここで幕を閉じます。

完全に次回作「真紅の契り」へと続く物語ですね…( ;一一)

オリヴィアが月銀の鍵を欲した理由とは…?

そして、彼女は誰の”花嫁”になるのか…!?

あと、トヴォラーは意外と悪い奴ではなかったですね…ひたすらにアーリンと仲良くしたかった(!?)だけであって…。

 

というわけで、今回のイニストラードはここまで!

また次回、「真紅の契り」のストーリーにてお会いしましょう!

お楽しみに~。

 
 

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!

【関連記事】

【ストーリー】大天使アヴァシンの最期 後編

【イニストラード:真夜中の狩り】第2回 アーリンの過去【ストーリー】

 

*出典*

メインストーリー第5話:夜来たる

 

Posted by オクハラデン