神と定命の名言集!アモンケットのフレーバーテキスト

2021年4月22日

目次

はじめに

「アモンケット」「破滅の刻」のストーリー紹介も終わったところで、今回はフレーバーテキスト(FT)のご紹介に参りましょう!

アモンケットでは、蓋世の英雄になるために死をもためらわない修練者、民を導く神の言葉、そして明かされる真実とそれに抵抗する人々…などなど!「カッコええ!」となるFTがたくさんあります!

まずは、ボーラスに堕とされた「アモンケット」という世界を知れる、その風習や意識に関するFTから!

 

アモンケットの世界観と意識

俗物の放棄

「なぜ装飾品などにこだわるのか。単なる道具や見せかけに過ぎないものに。真の財産は来世でのみ得られるのだ。」

レト一門の槍の達人

「来世では眠る必要はない。その時までは眠る暇などない。」

アモンケットに住まう定命たちが、いかに「来世での栄光」を重要視しているFTたちです。

「栄光の死」を迎えることこそ、定命の幸せだと本当に考えられているのですね。

 

信念の双子

刃を向かい合わせねばならぬ日までは一心同体。

また、そのように修練した者たちも、バントゥ神の野望の試練のように、最終的には同胞殺しを迫られることすらあります。

研鑽しあった仲間とも、いずれは刃を向けあう運命…エモい。

 

悪運尽きた造反者

王神の街から追放された者を待つ運命はただ一つだ。

天頂の探求者

不毛地の恐ろしさとヘクマの防御のありがたさをはっきりと理解できるのは、空から見たときのみだ。

そんな修練者たちも、ナクムタンという都市の中で、ヘクマという防壁に守られて生きている、という設定をよく表したFT。

「悪運尽きた造反者」が死亡誘発でゾンビになるのってそういう…。




神の名言

判断麻痺

「眼は可能なことしか見ようとせぬ。鍛えた精神は不可能をも探求できる。」

――知識の神、ケフネト

オケチラの名のもとに

「砂の一粒などたかが知れている。だが、砂嵐にはピラミッドさえも塵に還す力がある。一門とともに立ち、嵐となれ。」

――結束の神、オケチラ

ボーラスが訪れる前は普通に民を導き、守っていた神なので、その言葉は含蓄に溢れるカッコいいものとなっています。

オケチラに至っては、散り際のFTまでカッコいいのですよ。それが以下↓

 

オケチラ最後の慈悲

その最後の瞬間まで、オケチラの行為はすべて他者のためであった。

民の模範、神である。

 

バントゥ最後の算段

最後まで、バントゥは王神の関心事の筆頭であることのみを望んでいた。

ただしボーラスにへつらったバントゥ、テメーはダメだ。

 

そのバントゥの課した試練を経て、ギデオンも神に対する失望を味わいます。

これは、悲哀に溢れて胸が締め付けられるFTですね↓

選定された行進

「この地の神々は人々の間を歩き回るが、人々と共にあるわけではない。」

――ギデオン・ジュラ




明かされる真実

永遠の刻

蓋世の英雄に約束された来世とは、永遠衆として仕えることである。

火をつける怒り

そのミノタウルスは、自分に向かって突進してくる永遠衆を凝視していた。その相手は彼が目標にしていた必殺術を体現していたのだ。

そんなアモンケットの物語は、破滅の刻にて衝撃の真実が明かされることとなります。

永遠衆として現われた者たちは、過去に英雄として死んでいった者たちであるため、定命からすると「まさかの再会」の形となってしまうわけです。

「火をつける怒り」は、その背景ストーリーをよく表していますね。

 

厳しい事実の永遠衆

「永遠衆を生み出すことがボーラスのこれまでの目的だったのなら、奴はその永遠衆をこれからどうするつもりなのだろう?」

――ジェイス・ベレレン

ジェイスくぅん!

 

いいいぃことに気づいたねぇ!!

 

こういうことでぇす!!!!




サムトの名言

造反の代弁者、サムト

「死ぬ名誉のために戦うのはもうやめるわ。来世など待たせておけばいい。」

そんなアモンケットの物語で、唯一この欺瞞に気づき抵抗を続けていたのが、ご存知サムトですね。

「来世など待たせておけばいい」ってめっちゃカッコよくないですか?

彼女のFTはイカすものばかりです。

 

かすむ刀剣

サムトは大軍勢の中を斬り進みながら名を叫び続けていた。死んでいった同門の者たちの名や、彼女が救おうとして果たせなかった者たちの名である。

上述の通り、「永遠衆たちはサムトのかつて知った者たちだった」ということですね。

彼らを「二度死なせなければならない」ことになったサムトの胸中やいかに…。

 

穿刺の一撃

「紛い物の王神やその子分の虫どもに、私たちの運命を決めさせるもんですか。」

――ター一門の元修練者、サムト

↑紛い物

↑子分の虫たち




今回はここまで

今回は、アモンケット/破滅の刻のカッコよすぎるフレーバーテキストを、厳選して紹介してきました。

ストーリーもドラマチックなため、それらを一文で表したフレーバーテキストが洒落てないわけもなく…。

ぜひ、皆様もお気に入りのテキストを見つけてみてくださいね!

 

では、最後にアモンケットの「ペット」に関わるFTをご紹介して終わりにします。

修練者の相棒

「この子のことは私たちのペットだと思ってるわ。でも実際は逆なのかも。」

――レト一門の修練者、イクソル

名誉あるハイドラ

神々にもペットがいる。

 

ペ……ット…?

 

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!


【関連記事】

エモい?コワい?イニストラードのフレーバーテキスト

 

Posted by オクハラデン