双子のその後

エルドレインの王権のストーリー上では、プレインズウォーカーの灯が覚醒し、どこか他の次元へとプレインズウォークしてしまった主人公ウィルとローアン。

それに伴い、二人のサポートをケンリスに約束するガラク、という展開 ...

第一回

むかしむかし、秩序と平和の国アーデンベイルでは、崇王ケンリスと、その妻リンデンに育てられた、「王家の跡継ぎ」たる双子がいたのでした…。

 

第二回

崇王ケンリスの大巡行に追いつくべく、近道を選ぶロ ...

はじめに

王国から離れた僻境の森。

そこには、アーデンベイルの王ケンリスと、その妻のリンデン女王、そしてその子どもたちのウィルとローアンがいました。

しかし、悪党オーコの目論見により、崇王ケンリスは暗き森の中で、 ...

はじめに

前回、ついに大鹿と化したケンリスに追いついたウィルとローアン。

しかし、エルフとの戦いのさなか、アヤーラ女王の放った矢が、大鹿の胸を射止めます。

ついに、オーコのもくろんだ僻境と王国との戦争が始まろうと ...

はじめに

前回、ついに長年ガラクを苦しめていた呪いが解け、狩人ガラクがその姿を取り戻したのでした。

そして差し迫る崇王ケンリスの危機。

ウィルとローアンは、ガラクとともに、ケンリスを追うことになるのですが…。

はじめに

前回で、ウィルとローアンは、ガラクをオーコの術から解放することに成功します。

ただ、それと同時に、ガラクはリリアナから受けた呪いを抑える力をも失い、その呪いによって食い殺されようとしています。

ウィルと ...

はじめに

前回で、ついにエルドレインの物語の核、事件の真相とその犯人がわかったのでした。

エルドレイン界の悪党オーコは、崇王ケンリスを大鹿へと変身させ、それをエルフに狩らせることで、僻境vs王国の戦争を起こすつもりだったと。 ...

はじめに

前回までで、ヨルヴォ王の助けにより僻境へと足を踏み入れた王家の跡継ぎ一行のお話と、そこで訪れた別れについてご紹介しました。

さて、今回はやっとあの悪党が…!

 

大鹿の救援

タイタス ...

はじめに

さて、前回までで、王家の双子はケンリスの行方探しの旅に出発し、ヴァントレスの魔法の鏡により僻境にて大鹿を探せという示唆を受けます。

今回は、僻強へ向かう双子と、そこで遭遇する悲しき事件について。

&nb ...

はじめに

さてさて、この記事を書いている時間軸では、つい最近の禁止改定により、ついにモダンでも「むかしむかし」が禁止になり、オーコに引き続き「なんてエキスパンションだ!!」という機運が高まっているエルドレインの王権…。

今回 ...