【ストリクスヘイヴン】第5回 血の化身との決闘【ストーリー】

はじめに

リリアナの導きにより、ストリクスヘイヴンの中心にてオリークの首領エクスタスと対峙したウィルとローアン。しかし、そのリリアナは強制転移魔法により、戦いの場から追放されてしまったのでした。

残されたのは双子のみ!

最終決戦の幕が上がる!

 

目次

血の戦い

キャンパスにもたらされた混乱を眺めながら、ルーカは学院に強固な防御態勢が揃ったことを感じました。

各学部長は共闘して生徒を守り、ドラゴンたちが空中から敵を焼きつくす。

彼は察します。

「自分の役割は終わった」と。

これはもう自分の戦いではない。

隣にミラを呼び寄せると、ルーカは踵を返して暗闇へと走り去った。

 

一方、エクスタスと相対したウィルとローアンは、招来された血の化身の力に圧倒されていたのでした。

激闘の中で、床へと投げ出されるウィル。

微動だにしなくなった片割れに、叫び声を上げるローアン。

そして、彼女を冷たい怒りが支配していったのでした。

恐怖や苦痛すらも圧倒する怒りが。

勝てないとしても、こんなことをしてくれた相手に、傷だけでも与えてやる。

 

宙に浮かぶ交錯へと意識を向けると、目を閉じたローアンはそれへ呼びかけます。

やがて流れ込む、夢見たこともない力。

全能で、自分やウィルを苦しめる者全てを焼き払える力。

その力とともに、なじみの稲妻を呼びだそうとした瞬間。

不意に彼女を苦痛の波が襲ったのでした。

曇った耳に届くのは、エクスタスの嘲りの声。

ただの子どもが、そのような力を使えるはずがない、と。

すぐに虚ろの感覚に襲われ、倒れ込むローアン。

そのそばへ、這いながらも進むウィルが囁いたのでした。

ローアンは咳き込み、目を開けた。「ごめんね」

「僕は大丈夫だ。ローアン、頼むから起きてくれ」

ウィルはにじり寄り、ローアンの片腕を自分の首にかけた。火花が散って彼はびくりとしたが、放しはしなかった。

「一緒に助かるんだ」

「ごめんね。喧嘩のこと。メイジタワーの。虹の端の。本当に、ごめんね」

「僕の方こそ。ごめん」

ウィルはうめき、ローアンを引き上げて立たせ、扉へと向かっていった。

 

詠唱を行うエクスタスを背に、脱出を図ろうとする二人。

しかしその瞬間、ウィルにとある考えが閃きます。

思い出したのは、メイジタワーでの白熱した試合

そして、招来された血の化身は、その争奪されているマスコットと同じだ、と。

アレと同じならば、「奪い取れる」と。

ウィルはローアンへと向き直ると、彼女の目をまっすぐに見つめながら、協力を仰いだのでした。

彼女は、片割れの言うことを理解できないながらに、エルドレインでガラクを救った彼の行動を思い出します。

ウィル、私のウィル――物静かで、頭が良くて、気難し屋の片割れ。いつも正しかった。今回も、きっと正しい。

「ローアン?」

鋭く突き刺すような苦痛に顔をしかめながら、ローアンは内なる魔力の最後の火花を引き出した。

「そうね、わかったわ。勉強の成果を教えて」

ウィルはにやりとして、エクスタスと血の化身へと向き直り、両手に赤い光をうねらせた。




戦いの果てに

ウィルが放ったのは、よく使われる氷の魔法とは異なる呪文。

円と化したその赤い光は、血の化身の兜を取り囲みます。

「確かにあれは大きいかもしれない」

ウィルは歯を食いしばり、両手を震わせて呪文を維持した。

「けれど召喚された生物だ。つまりこの呪文があれば、支配できる!」

 

異変に気づいたエクスタスは、これを退けようと黒い魔法を放ちます。

ウィルとエクスタスの戦い。そして、消耗したウィルはこれに負けようとしている。

そう悟ったローアンは、彼の肩へと手を置いたのでした。

ウィルが正確性を高めたなら、自分は大いなる力を。

そのエネルギーを一滴残らず片割れへと注ぎ込むと、化け物を囲んだ光輪は輝かしい円を成したのです。

「ガキが! 一体どうやって――」

血の化身が巨大な手を伸ばして彼を掴むと、その言葉は途切れた。無残な粉砕音が弾け、エクスタスは黙った。

「やった!」 ウィルが叫んだ。「ローアン、上手くいったよ!」

 

しかし、その声は上手くローアンに届かぬほどに、彼女は力を使い切っていたのでした。

怒りの咆哮を上げながら、交錯へと引かれてゆく血の化身。

断末魔の叫びを上げた化け物は、最後とばかりに巨大な剣を振るいます。

両目を見開き、ローアンを押しのけるウィル。

床にたたきつけられた剣。

そして、交錯の中へと消えゆく怪物。

その先には、片割れが気絶して力なく横たわっていた。

ウィルは生きている、潰されても真二つに切り裂かれてもいない――だがその喜びは、不意の衝撃に揺れて立ち消えた。

彼の右脚、その膝から下は失われていた。

 

すぐさま、広間は崩壊を始めます。

ローアンが片割れへと手を伸ばした瞬間に、崩落する床。

しかし、それを優しい光が包んだのでした。

魔法の源は、入り口に駆けつけたナサーリ学部長とリセッテ学部長。

教授たちの協力で二人が広間を出た瞬間、背後でそれは完全に崩れ、塵があたりを覆ったのです。

「やったよ」 ウィルが呟いた。

「ロー、やったよ」 その瞼が震えて閉じた。顔からはひどく血の気が失われていた。

「動かないで」 リセッテがウィルへと屈みこんだ。「ショックを受けているから」

「ウィルは助かりますか?」

(中略)

「彼はきっと助かる」 ナサーリがローアンの肩に手を置いた。

「これだけいろいろなことがあったのだ。不幸中の幸いといったところだな」




学院の復興

それから5週間が経ち。

キャンパスに鳴り響く鐘の音を聞きながら、物事はほぼ平常に戻ったとウィルは感じたのでした。

杖を持つ彼の膝下から伸びるのは、氷と鋼の格子細工。

リセッテ学部長が提供してくれる生きた木の義足を断り、彼は自らこの足を選んだのでした。

彼の具合を気遣うローアンの言葉に、ウィルは肩をすくめて答えます。

幻肢痛などには悩まされながらも、もう慣れてきたと。

それを聞いていたローアンもまた、ひどく痩せたような、顔色も悪くなった様子だったのでした。

しかし、去り際に向けた片割れへの笑みは、心からのものだとわかったのです。

「あなたのこと、大好きよ。わかってる?」

「ああ。僕も大好きだよ」

 

***

カズミナの梟は宙を舞い、ストリクスヘイヴンを見下ろしていたのでした。

あの事件の痕跡を、もうほとんど残していない学院を。

過去にこの場所はもっと酷い出来事に耐えてきた。

この先も耐えていくのだろう、と。

彼女は、ルーカを追う鳥へと意識を向けます。

その眷者はミラとオリークの残党数人とともにさまよっていた。食料と隠れ場所を探しながら、何かを企んでいるのは間違いなかった。

だがあの男を監視する価値はもうない。今、カズミナが注目しているのはローアンの方だった――あるいは双子の両方か。

 

***

エクスタスにより大陸の果てへと飛ばされたリリアナは、何日もかけて学院へと戻ったのでした。

そして、一連の出来事に、教授陣はリリアナの警告を聞くべきであったことを認めます。

同時に、無期限で大学に残らないか、とも。

彼女はこれを、一つの但し書きとともに承諾したのでした。

授業開始の前、鏡を見つめる彼女にとって、今は信じられないような状況。

目の前にあるのは、生徒、そして試験。

もう悪魔も、大いなる策略も、死もない。

リリアナは調査日誌を閉じ、壁の本棚に置いた。今の私を、あの男は誇らしく思うのかしらね。その考えに、不本意ながら彼女は微笑んだ。

ようやく講義室までやって来ると、中に入る前にリリアナは一瞬だけ立ち止まり、集中した。その姿を見て生徒たちは席へ急ぎ、紙のこすれ音や怠惰なお喋りは静まり、視線が集まった。

リリアナは教壇に立った。

「生徒の皆さん、屍術入門へようこそ」 教室にその声が響き渡った。

「リリアナ・ヴェス教授です、よろしく」




今回はここまで

ウィル…(´;ω;`)

まさかの戦闘中に片足を失うという…。なんてこったい…。

ローアンも力の代償にダメージを受けていますし、せっかく双子の絆を再確認したのに…と泣きそうになりますね。

とはいえ、大きな戦いを経験した彼らは、プレインズウォーカーとしてさらなる成長を遂げるのでしょう!

公式ストーリーでは、「家に帰る」ことも少し示唆されています。

今の姿をケンリス王が見たら、一体どんな反応を…?笑

あと、メイジタワーの件がまさかの伏線になってるって…だれがわかんねんw

 

そして、リリアナはついに自分を偽ることを止め、教授として、戦いのない、死のない人生を新しく始めることになります!

今の私を、あの男は誇らしく思うのかしらね。

その考えに、不本意ながら彼女は微笑んだ。

ここ泣けるやん?

ギデオンも天国で微笑んでるよ…きっと…(´;ω;`)

 

というわけで、大いなる傷跡と、示唆される明るい未来と、そして少しの謎を残しながら終わったストリクスヘイヴンの物語、いかがでしたでしょうか!?

新旧プレインズウォーカーの「これから」が描かれて、非常に素敵なストーリーでしたね!

次回もお楽しみに~

 

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!

【関連記事】

【ストリクスヘイヴン】第2回 王家の双子、魔法学院に入学する【ストーリー】

【忙しい人向け】ストリクスヘイヴンの学生たちの物語【ストーリー】

 

*出典*

メインストーリー第5話:最終試験

 

Posted by オクハラデン