はじめに

リリアナの導きにより、ストリクスヘイヴンの中心にてオリークの首領エクスタスと対峙したウィルとローアン。しかし、そのリリアナは強制転移魔法により、戦いの場から追放されてしまったのでした。

残されたのは双子のみ!

はじめに

前回、アルケヴィオス次元へと現われたルーカと、魔法学院を渦巻く陰謀についてご紹介しました。

「敵襲じゃー!!」なストリクスヘイヴン。

王家の双子、そしてリリアナ先生の運命は…!?

続きをどう ...

はじめに

前回は、自分を救ったギデオンを蘇らせるため、ストリクスヘイヴンに教授として赴任したオニキスことリリアナ先生のストーリーをご紹介しました。

そして、死者蘇生の手がかりをなかなかつかめずにいるも、別の脅威が学院に迫って ...

双子のその後

エルドレインの王権のストーリー上では、プレインズウォーカーの灯が覚醒し、どこか他の次元へとプレインズウォークしてしまった主人公ウィルとローアン。

それに伴い、二人のサポートをケンリスに約束するガラク、という展開 ...

第一回

むかしむかし、秩序と平和の国アーデンベイルでは、崇王ケンリスと、その妻リンデンに育てられた、「王家の跡継ぎ」たる双子がいたのでした…。

 

第二回

崇王ケンリスの大巡行に追いつくべく、近道を選ぶロ ...

はじめに

王国から離れた僻境の森。

そこには、アーデンベイルの王ケンリスと、その妻のリンデン女王、そしてその子どもたちのウィルとローアンがいました。

しかし、悪党オーコの目論見により、崇王ケンリスは暗き森の中で、 ...

はじめに

前回、ついに大鹿と化したケンリスに追いついたウィルとローアン。

しかし、エルフとの戦いのさなか、アヤーラ女王の放った矢が、大鹿の胸を射止めます。

ついに、オーコのもくろんだ僻境と王国との戦争が始まろうと ...

はじめに

前回、ついに長年ガラクを苦しめていた呪いが解け、狩人ガラクがその姿を取り戻したのでした。

そして差し迫る崇王ケンリスの危機。

ウィルとローアンは、ガラクとともに、ケンリスを追うことになるのですが…。

はじめに

前回で、ウィルとローアンは、ガラクをオーコの術から解放することに成功します。

ただ、それと同時に、ガラクはリリアナから受けた呪いを抑える力をも失い、その呪いによって食い殺されようとしています。

ウィルと ...

はじめに

前回で、ついにエルドレインの物語の核、事件の真相とその犯人がわかったのでした。

エルドレイン界の悪党オーコは、崇王ケンリスを大鹿へと変身させ、それをエルフに狩らせることで、僻境vs王国の戦争を起こすつもりだったと。 ...