【カラデシュ】第2回 母との再会【ストーリー】

2021年4月11日

はじめに

前回、ゲートウォッチのもとにドビンが来訪し、カラデシュの首都ギラプールで開催される発明博覧会の警護を依頼します。協議の上、これを断ったゲートウォッチでしたが、カラデシュを故郷に持つチャンドラは、思うところがあるようで…?

カラデシュ編、第二回です!

 

故郷の地

最初に故郷を感じたのは、霊気の香り。

多元宇宙の久遠の闇を構成し、カラデシュの発明品の動力源となる物質。

チャンドラは、自分がなぜ故郷に戻ってきたのか、その理由が明確にはわからないでいたのでした。

ただ、この場所には助けを求めている改革派がいる。

危険にさらされていて、でもゲートウォッチの誰も助けてくれない発明家が。

…亡き母と、同じ意志を持つ者が。

「ここがあなたの故郷なのね」 隣で女性の声がした。

チャンドラははっとして、そして顔をしかめた。

それまで無人だったバルコニーの上、隣にはリリアナがいて腕を組んで手すりにもたれ、ギラプールを見下ろしていた。

チャンドラは手すりを握りしめてリリアナを睨み付けた。

「私を連れ戻しに来たの? やってみなさいよ」

リリアナは嘲るように笑った。「何を言ってるの。ここがあなたの帰る所でしょう」

「バーンの奴が探してる人を見つけるまで戻るつもりはないわよ」

腰に巻き付けた母の肩掛けを引っぱり、彼女は歯を食いしばった。

「あんたたちが何と言おうと」

「問題はあなたが何をしたいかでしょう、他の誰かじゃなくて。あなたにとって故郷はどういうものなのか、誰も知らないのだし」

(中略)

「言ってごらんなさい、力になってあげられるかもしれないから」

「あんたも理解はできないわよ、どのみち」

「故郷は苦痛の源だというのは理解してるわよ」

リリアナが語るその表情は読めなかった。

「バーンがあの素敵な制服を着た規制側の奴等だってこともね」

故郷に同じく苦い思い出を持つリリアナ

チャンドラはしぶしぶ話します。

ドビンは領事府側の人間だということ。

領事府は、規制に従わないものを憎んでいること。

そして、自分たち一家は「排斥される側」だったということ。

チャンドラは片眉をつり上げた。「私はここに何かをやり遂げに来たの」

「あなたの大切な改革派は道中で探しましょう。でもここで繰り広げられてる盛大なパーティーを楽しもうとしないのは勿体ないじゃない? それに、この街であなたと私よ? すごく楽しい騒動に飛び込めると思うのだけど」

チャンドラから自然と笑みがこぼれた。

「リリアナ、あんたは私より二百歳くらい年上よね。私達のどっちが責任者になるべき?」

「秘密をひとつ教えてあげる」 リリアナはおどけてチャンドラの耳に手を当て、囁いた。

「責任者なんていりません」

 



想定外の再会

二人で訪れたギラプールの通り。

壁にあった、一人の肖像画。

その姿に、チャンドラの視線は吸い込まれていったのでした。

リリアナはチャンドラの隣に立ち、モザイク画を見つめた。

「これ、私のお父さん。キランっていうの」

「鼻が同じね。それとゴーグル」

「お父さんとお母さんは凄い発明家だったの。私が小さかった頃に殺された」

「ごめんなさいね。でも誰に? 領事府?」

しばし、チャンドラは目をきつく閉じた。

「領事府の服を着た人でなしに。バラルに。あいつのせいでお父さんとお母さんは死んだ。あいつが私を憎んでたから。お父さんとお母さんは私を守ろうとして」

(中略)

リリアナは得意そうに笑った。

「もしバラルがあなたの家族をそこまで嫌っていたなら、まだのうのうと生きているのかどうかを調べましょうかね。それから、もしそいつに出くわしたら、その絵の代わりにそいつの目を見つめて、どう思っているのかを伝えなさい。あなたにはその権利がある」

(中略)

チャンドラは驚きに頭をのけぞらせ、だが同時に、暗い興奮が大胆にも胸に流れていった。

バラルは私の目の前でお父さんを殺した。兵士たちに村を燃やせって命令して、お母さんも殺したに違いない。あの男一人の手で、私の家族全員が失われた。そいつが燃えるのを見たなら、さぞかし満足できるだろう。

「もしあいつが今も生きてるなら、報いを受けさせてやるって誓うわ」

リリアナは低い囁き声で言った。

「あなたが受けた苦痛を返すのは、当然の権利よ」

「当然の権利」 チャンドラは呟き、そして髪が燃え上がった。

 

目には目を。

チャンドラは、亡き父母の復讐を胸に誓います。

そして、その二人旅の先で遭遇したのは、改革派による妨害活動。

チャンドラの探していた、改革派に出会えるチャンスが廻ってきたのでした。

「チャンドラ」 何かが目にとまり、リリアナが呼びかけた。

「何?」

「あれ。フードの」

チャンドラはその視線を追った。暗いフードに顔を注意深く隠し、一つの影が人混みを巧妙に横切っていた。その人物の方では二人に気付いていなかった。妨害現場から目を離すことなく、その人物は制限区域を迂回してそちらへと向かっていた。

「怪しいくらい目立たない、そう思わない?」

改革派の人間に間違いない。

チャンドラは思ったのでした。

彼に警告をしなくてはいけないと。

そして、そのフードの男を追いかけた先。

彼女は一人の女性と遭遇したのでした。

その男のフードは今や下ろされ、頭を覆う灰色の巻き毛が見えていた。そして袖口から覗く右手は、金属の鉤爪だった。男はそれを目の前の女性へと定めていた。

男の背後の群集から飛び出し、二人は追い付いた。だがチャンドラの注意をひいたのはその女性の方だった。チャンドラと同じような赤褐色の髪、だがもっと暗い色をして、今や灰色の斑点が混じっていた。その女性は溶接ゴーグルを身につけ、携帯用溶接機を持ち、鉤爪の男を睨み付けていた。

チャンドラの心臓が止まり、熱い涙が溢れ出た。何を言えばいいのかわからなかった。

「ようやく会えたな、改革派の長」

その男は言って、まるで武器の狙いを定めるかのように金属の手を向けた。

「その粗末な見世物で私の博覧会を邪魔できると思ったか?」

女性は男へとあざけった。「お前を止めてみせる、審判長。今日でなくてもすぐに」

リリアナはその男を掴んで振り返らせた。そしてチャンドラの知らない名前を、チャンドラの理解できない嫌気とともに呟いた。

「テゼレット」

そして、自分と同じ髪の女性を驚きとともに見つめながら、チャンドラはようやく自身の言葉を掴まえた。彼女はそれを衝撃の海から心の水面へと引き出し、やっとのことでそれを大声で発した。

「……お母さん?」

 



改革派の長、ピア・ナラー

「お前の娘を殺した」

過去自分にそう言っていたのは、遵法長のバラル。

チャンドラの母、ピア・ナラーは独房の中で、バラルに幽閉された上、彼の執拗なる言葉を聞かされていたのでした。

それ以来、改革派の長として、領事府への抵抗を先導してきて数年。

彼女は、領事府から故郷を守るという大いなる意志のもと、仲間を集め、その規模を大きくしていったのでした。

それゆえに、その日ピアが出会った出来事は、娘と同じくらいの青天の霹靂であったのです。

……チャンドラ?

成長し、だが間違えようもなかった。小さかった娘は、今やキランほども背が高くなっていた。家族揃って緑地帯の庭園を散策しながら、両親の肩へと猿のようによじ登っては煮えたぎるように笑っていた。市場ではピアの手をかたく握っていたが、すぐに勝手に探検に出てしまっていた。熱心に、一緒にいようとした。娘は知っていたのだ、両親は精一杯生きていたのだと――

――危険の中で。

「……お母さん?」

声、小さく消えそうな、そして全くもって彼女らしくない。目の端に熱がうねり、風にとらえられて零れた。

(中略)

領事府の兵達が彼女らの間に現れ、肉と金属の壁を形成した。ピア、ドビン、そしてテゼレットを片側に、そして青白い肌の女性とエルフとチャンドラをその向こうに隔てた。

チャンドラは武装した兵の壁に突進した。その叫びは金属の足音にかすみ、ピアにははっきりと聞きとれなかった。娘は金線の自動機械から放たれた強打を軽々とかわし、浸かるような炎の大波で機械の群れを黙らせた。砕けた波のように、熱がピアの顔を洗った。

母としての荒々しい誇りに覆われ、目の前の光景がかすんだ。

彼女は熱を受けた目をぬぐった。

 

娘の姿をみとめた安堵、成長した娘に対する誇り。

しかし何よりピアの心を占めたのは、その娘の安全を守らなくてはいけないという使命感でした。

やめなさい! ピアは心の限りにチャンドラへと叫んだ。

戻りなさい! また逮捕されてしまう! お願いだから!

(中略)

今、動かねばならなかった。ピアはチャンドラから目をそらし、燃え立つ目でテゼレットへと向き直った。

「ピア・ナラー、改革派の代表者です。領事府へと投降します」

ドビンは滑らかで毛のない眉をひそめ、驚きの呟きの波が兵の一団から上がった。

「本気ですか?」 彼は言った。これがあの、自分達があれほど身構えていた改革派の恐るべき長だというのだろうか?

「あなたがたは……評判の囚人に相応しい厳重な警備を用意されると信じております」

(中略)

兵士の壁の向こうから、ピアは青白い肌の女性がチャンドラへと叫ぶ声を聞いた。

「あの人は捕まった! 今危険を冒すのは駄目、逃げるわよ!」

ピアは身体の力を抜いた。そして速接会の尖塔を、新たな家族となった改革派を、失ったと思っていた娘の姿が視界から消えていくのを見つめていた。

領事府による拘禁

 



今回はここまで

ピアもチャンドラも、お互いがお互いを亡くなったものだと思っていたため、この再会は非常に衝撃的なものだったと想像できますね~。

11歳の、まだ「守られる存在」であった娘が、兵たちを押しのけ自分のもとに来ようとするのを見て、「母としての誇りで」目頭が熱くなる。

そして、奇跡の再会にも関わらず、その娘を守るためにあえて逮捕されることを選ぶ。

この辺が、カラデシュの親子愛溢れるアツい展開です。

お母さんマジいい人。

 

さて、次回は(いつの間にか合流した)ニッサと、チャンドラによる、ピア・ナラー救出作戦ですよ~。

お楽しみに!

 

【関連記事】

チャンドラの灯の覚醒~発明家の家族を襲った悲劇

 

【出典】

反逆の先導者

改革派の長

 

 

Posted by オクハラデン