【コラム】伝承の語り部、チュレインを語る_Chulane, Teller of Tales【EDH/統率者戦】

はじめに

当ブログはMTGのストーリーに特化したサイトです。

デッキの話は、コンセプトにそぐわないのはわかっています。

でも!語らせてほしい!

1年以上このカードを使い、すっかりお気に入りになったこのデッキを!

統率者としてめちゃくちゃ楽しいチュレインという爺さんを!

ばーーーーーん

…いうわけで、自称「どこよりも詳しい統率者チュレインデッキ解説!」いくぞッ!

※本記事は2021年7月現在、フォーゴトンレルムあたりの記事になります※

※以下、目次を設けているため、お好きなところからお読みください※

 

目次

チュレインってどんなカード

伝説のクリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

警戒

あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。その後、あなたはあなたの手札から土地カード1枚を戦場に出してもよい。

(3),(T):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

2/4

 

クリーチャーを唱えるたびに、ドローと土地セットが誘発する爺さん。

めんどくさいので、毎回私は「3点回復しないウーロが誘発する」と説明しています。

統率者戦では、めちゃくちゃドローできるジェネラルはやっぱり楽しいもので。

お爺ちゃんも例に違わず、着地さえしてしまえば軽量クリーチャーを唱えているだけで手札と土地が増えます。

こいつぁつよい。

自身のタップ能力で、出したクリーチャーを戻して再キャストできるため、マナが余っても腐りませんね。

2021年7月現在、海外のEDHのTier(強さ一覧)でみると、上から3番目の”Tier2”にいます。

リストを洗練させていけば、統率者レベルの7くらいまではいけるんじゃないかな~と思いますね。

 

ちなみに、ちょっと寄り道になりますが。ここはMTGのストーリーブログのため、フレーバー的なお話も少ししておくと…。

チュレインはエルドレイン次元に存在する魔法の語り手で、エルドレインにおいて様々なフレーバーテキストにも存在します。

彼がひとたび物語の登場人物を語りだす(クリーチャーを唱える)と、その情景が描かれ(土地が置かれる)、次なる物語がつむがれて(1ドロー)いくんですね。

こういうフレーバー含めて、すき。




チュレインデッキの勝ち筋

さて、デッキリストは後に掲載するとして、先に勝ち方のご紹介。

チュレインは、基本的に爺さんの「唱えたとき1ドロー」で悪さをします。

主なデッキ搭載済みコンボを以下に紹介しますね。

 

魔の魅惑+バウンスクリーチャー

爺さんがいる状態で魔の魅惑を設置し、3マナ以下のクリーチャーをタダキャストできるようにしておいて、自身をバウンス可能なクリーチャーを唱えるだけで無限ドローです。

・金切り声のドレイクをタダで唱える。

・チュレイン誘発1ドロー土地セット。

・金切り声のドレイクが手札に戻る。

・金切り声のドレイクをタダで唱える。

……以下、無限ドロー

デッキを引ききってしまえば、タッサの信託者なり研究室の偏執狂なりで勝利です。

チュレインをちゃんと組みたいなら、ぜひ手に入れておきたいのが魔の魅惑ですね!

再録禁止なので高いけど…ホラ、このデッキ魔力の墓所とかいらないし…(;’∀’)

堂々たる撤廃者など、妨害を防ぐための妨害役を立てておくこともお忘れなく。

まぁ大量の手札と、大量の土地が出ているため、一度動き出せば勝ちなはずです。

 

侵入警報+マナクリーチャー+バウンスクリーチャー

金切り声のドレイクの場合、マナクリーチャーが…

①青1マナ出せる:チュレインがいれば無限ドロー

②青含む2マナ以上出せる:チュレインいなくても無限マナ

となります。

②の例でご紹介すると。

・侵入警報を設置

・金切り声のドレイクを唱える

・クリーチャーが全員アンタップする。

・金切り声のドレイクが手札に戻る。

・花を手入れする者からマナを出す。

・金切り声のドレイクを唱える

……以下、花を手入れする者から無限白or緑マナ

 

ペミンのオーラ+青含む2マナ以上のマナクリ

2枚完結お手軽無限マナ。白青緑の3色出る状態にしておけば…。

・ペミンのオーラを花を手入れする者へ。

・花を手入れする者から白青緑の3マナ。

・ペミンのオーラ青1マナでアンタップ。

・花を手入れする者から白青緑の3マナ。

……以下、花を手入れする者から無限白or緑マナ

 

無限マナの消費方法は、おなじみ歩行バリスタ以外にも、ティムールの剣歯虎で手持ちクリーチャーを無限バウンスすれば、爺さんの力で無限ドローです。

 

複数マナ生むマナクリ枠は、下記のデッキリストだとフェイ症の古老聖域の織り手、そして順応済みの培養ドルイドでもOKです!




孔蹄のビヒモス

全体除去が飛んでこなければ、マナクリーチャーが盤面にのさばりまくってるので、ビヒモス唱えるだけで勝てます。

死者の原野永遠神、オケチラが事前に出ていればなおよし!

ゾンビの圧力で確実に相手を圧殺できます!

くらえ!ムキムキゾンビたちによるウォーキングデッドフィニッシュ!

 

破滅の終焉+ゼンディカーの報復者

確殺ではないですが、こちらもお手軽2枚コンボ。

全体除去等で盤面が流された後に、しれっと撃つとフィニッシュできたりします。

・破滅の終焉 X=10以上

・ゼンディカーの報復者着地

・+10/+10以上の修正のかかった大量の速攻植物で圧殺

 

全知

チュレインの効果により、生きている限りメチャクチャ土地が伸びるので、意外と簡単に全知が着陸します。(妨害されないとは言ってない)

個人的なお気に入りは、涙の氾濫からの全知着地でしょうか。

マナクリーチャーを大量搭載するため、パーマネント4枚なんて簡単に戻りますからね。

しれっとこういうロマン枠を入れられるのもすき。

 

*****

どうですか!

チュレインの魅力は、意外と多い勝ち筋です。

特定のコンボを探しに行くだけではないため、回していて飽きませんね。

やはり、土地が伸びるのは正義なのですわ。




デッキリスト

2021年7月現在の私のデッキリストを公開します。

チュレインのパワーを最大に生かすため、クリーチャーに全振りし、ほぼアーティファクトが入っていない振り切ったリストです。

太陽の指輪が入ってないEDHデッキって相当珍しくなーい?

ご参考まで!

※土地の詳細は省略

〇統率者 1枚

伝承の語り部、チュレイン

〇クリーチャー 45枚

マナクリに類するもの 16枚

・極楽鳥

・貴族の君主

・エルフの神秘家

・東屋のエルフ

・フィンドホーンのエルフ

・ラノワールのエルフ

・アヴァシンの巡礼者

・森の女人像

・眷者の神童、キナン

・とぐろ巻きの巫女

・培養ドルイド

・聖域の織り手

・花を手入れする者

・キオーラの追随者

・フェイ庄の古老

・自然の怒りのタイタン、ウーロ

それ以外 29枚

・羽ばたき飛行機械

・金切り声のドレイク

・白たてがみのライオン

・ルーンの与え手

・ルーンの母

・エスパーの歩哨

・堂々たる撤廃者

・溜め込み屋のアウフ

・運命を紡ぐ者

・暗号動物学者、ローニス

・エルフの幻想家

・泥棒スカイダイバー

・研究室の偏執狂

・エイヴンの思考検閲者

・断片無き工作員

・イーオスのレインジャー長

・拘留代理人

・反射魔導士

・イリーシア木立のドライアド

・永遠の証人

・ティムールの剣歯虎

・空民の学者

・熟考漂い

・獣に囁く者

・永遠神オケチラ

・ゼンディカーの報復者

・太陽のタイタン

・孔蹄のビヒモス

・歩行バリスタ

〇アーティファクト 1枚

・宝石の水蓮

〇エンチャント 6枚

・Mystic Remora

・オーラの破片

・ペミンのオーラ

・侵入警報

・魔の魅惑

・全知

〇インスタント・ソーサリー 12枚

打消し呪文 6枚

・対抗呪文

・マナ吸収

・意志の力

・激情の後見

・秘儀の否定

・ドビンの拒否権

それ以外 6枚

・悟りの教示者

・剣を鍬に

・破滅の終焉

・活性の力

・夏の帳

・涙の氾濫

〇土地 35枚

※詳細省略




コンボ以外のナイスカード

コンボについては上でご紹介しましたので、次は爺さんと相性の良いカードたちもご紹介します!

運命を紡ぐ者

2マナと軽いながら、チュレインコンボの鍵となるエンチャントやクリーチャーが打ち消されなくなります。

立ってるだけでコンボ成功率が格段に上がる良カード。

何より価格が安い。

 

オーラの破片

クリーチャーだらけのデッキだからこそ、めちゃくちゃ輝くカード。

相手ばっかり魔力の墓所とか使ってるのズルいよなぁ!?(理不尽な暴力)

とりあえず金切り声のドレイクを出し入れしてるだけで相手のアーティファクト、エンチャントがパリンパリンされていくオソロシイ1枚。

 

断片無き工作員

続唱ってなんですか?

唱えたら、ライブラリをめくってこれ以下のマナコストのカードを、マナ払わずに「唱えてもよい」。

つまり?

クリーチャーがめくれれば、チュレインはもう一度誘発する!?

チュレインは手札から唱えなくても誘発するもんね!!

というわけで、基本的に3マナで2ドローと2回の土地セット権をくれるエライ人。

 

イリーシア木立のドライアド

チュレイン使っててもどかしいのは、前半はマナクリーチャーのための緑が必要なのに、コンボに行くためには青マナが多く必要になること。

それを一枚で解決してくれる!無駄に体つきの良いドライアドのアニキ!

当然、チュレインの天敵「血染めの月」の対策にもバッチリ。

 

空民の学者

着地してくれれば、意外といい働きをしてくれるムーンフォークさん。

チュレインにとって、土地を戻すなどコストに入りませぬわ!

ちょっと重たいのが難点。




チュレインの弱点

このように、使って楽し、使って強しのお爺さんなのですが。

明確な弱点は一つだと思います。

それは…

 

重いッ!

 

…ですね。5マナですし。

お爺ちゃんは腰が重いのです…。

やはり、2とか3マナで着地してすぐに悪さを働いていく統率者に比べると、出るのが遅く、走り出すのはもっと遅いため、速さではかないません。

お爺ちゃん出すころには試合終わってます。

軽量統率者がいる場合は、除去や打ち消しで対処し、こちらの速度に合わせてもらうことが大事ですね。

また、チュレインが除去されると、戻って来るのにまた時間がかかるため、防御手段(ルーンの母、激情の後見、などなど)を用意しておくこともお忘れなく…。




今回はここまで

チュレインは明確にアドバンテージを稼げて、選択肢がどんどん広がっていく中、どの勝ち筋で勝利を目指すか!?に思いを馳せながら戦うメチャクチャ楽しい統率者です!

統率者戦は、一つのコンボを成立させるために動くことが多いイメージですが、勝ち筋が複数あるデッキは、戦ってて楽しいですね!

もしコレを読んで興味が出ましたら、ぜひこのお爺様を使ってデッキを組んでみてくださいませ!

もしご質問などありましたら、できる限りお答えしますので、TwitterのDMなどにどうぞ!

 

では!次回もお楽しみに!

 

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!

【関連記事】

【エルドレインの王権】フレーバーテキストから見るエルドレイン

 

 

Posted by オクハラデン