【コラム】MTGのストーリーって結局どこから読めばいいの?

2021年5月4日

目次

はじめに

マジック・ザ・ギャザリングというカードゲームにハマり、デッキを組んだり、対戦をしたり…という事で楽しんでいると、いつの日かある事実にぶつかります。

 

「どうやら、MTGはイラストの背景にはストーリーがあるらしい」

 

ということに(=゚ω゚)ノ

しかも、カード能力やフレーバーテキストなどもそのストーリーと密接に関わっているらしく、見る人が見るとそれだけで楽しいらしい。

気になりますよねぇ…ストーリー。

…そして、調べてみようとするとまたとある事実にぶつかります。

 

「どこのストーリーから、どのようにして見ればいいかわからない」

 

ということに( ;∀;)

そうなんですよ…

 

どうもこんにちは、二年前の私!!( ゚Д゚ )彡

 

私も全く同じように悩み、よくもわからず検索し、ひたすら独学(?)を重ねて、この沼へとハマりました。

さて!そんな迷える皆様のために、全く同じ経路を踏んだ私が、少しでも指針を示せればと思いこの記事を書いております!

本記事では

ストーリーを知る方法

読み始めるオススメストーリー

についてご説明しますので、是非読んでください!

そして!

アナタも!

少しでもこちらの沼へいらっしゃああい!!!((( ゚Д゚)))




ストーリーを知る方法

MTGのストーリーにアクセスする方法はいくつかあると思います。

ひとつひとつご紹介しますね!

 

公式のストーリー記事

カードやデッキを主に見られている方々はあまりアクセスすることはないかもしれませんが、MTGの日本語公式にはストーリー記事のページが存在しています。(外部リンク

エキスパンションごとにストーリーが展開されており、ちゃんと番号も振られているため、小説を読む感覚でストーリーを楽しむことができます。

当たり前ですが、やっぱり公式の文章が一番オススメです!

いろんな記事の情報ソースだもんね、もはや。

ただ、ある程度”続きもの"として書かれている部分も多いため、自分の好きなエキスパンションから読み始めると、知識が追いつかずに「んん?(・・?」となるのが難しいところ。

テフェリーの物語知りたいなー!とか思ってドミナリアのストーリーから読み始めた二年前の私は、無事色々と理解できず爆発四散いたしました

「ストーリーを何処から追うか」という問題については、後程ご紹介いたします。

 

公式のストーリー漫画

ストーリーの記事は追っていないけど、こっちは追っている!という方々も多いのではないでしょうか?

こちらも、MTGの日本語公式にて、エキスパンションごとに公開されています。(外部リンク

エキスパンション一本につき5分くらいで読めるため、おそらく最も手軽にストーリーを知られるのではないでしょうか?

ストーリーをざっくり知りたい!という方には一番オススメですね!

また、漫画で読んだうえで、気になった部分だけ上述の公式記事を読むというのもオススメです。

唯一欠点をあげるとすれば、イクサラン以降しかコンテンツがないこと。

皆様がストーリー熱上げていけば、過去のものについても執筆してくれるかもしれませんよ!!ホラ!!!(」 ゚Д゚)」

ちなみに、この漫画でのストーリーというコンテンツは、日本にしかないっぽいですね。

( ;∀;)「漫画もいいけど、和訳されてない英語ストーリーもお願いします…(いちストーリー好きの嘆き)」




MTG wikiで読む

ちょっと邪道かもしれませんが、個人的にはこちらもオススメです。(外部リンク

特に、キャラクターに関するストーリーを知りたいときは、この方法が一番手軽ですね。

wikiをキャラクター名で調べれば、そのキャラにまつわる略歴のようなものが出てきます。

ただ、有志で編集されている者のため、情報が飛び飛びなのはご容赦、という感じですね~。

ボーラスの経歴だけなぜかやけに詳しいMTGwiki

ちなみに、海外はこういうストーリーへの興味が強い方々が多いのか、英語のwikiはそのあたりの内容が充実しているため、英語が読める方、もしくは本気でそのキャラクターのストーリーを追いたい方々はこちらも是非!w(外部リンク

 

当ブログを読む

さて、かく言う私が、「もっと手軽にキャラクターやエキスパンションのストーリー概要がわかればいいのにな~」と思って立ち上げたのが、このブログです!

運営者として、もちろん推さないわけにはいくまい!

立ち位置としては、“ストーリーを知りたいけど、活字が苦手なのであの量の公式の記事を読むのはハードルが高い"という方に最もオススメできます。

ホームのカテゴリからは、キャラクターやエキスパンションから検索できるようにしていますので、推しキャラのストーリーが知りたい場合などにも対応してますよ!ぜひ見てみてくださいな!

PC版はここ!モバイル版は一番下にあります!

 

その他発信者様のコンテンツ

もちろん!私以外にも、ストーリーについての発信をされている方々もいらっしゃるため、そういった記事を読むのも良いと思います!

晴れる屋のホームページでは、日本MTGストーリー界の首領(と私が勝手に思っている)若月繭子さんによる連載記事"あなたの隣のプレインズウォーカー”が掲載されています。

英語書籍も読まれている方のため、公式記事では手に入らない知識なども教えていただけます。(外部リンク

 

またyoutubeでは、個人的に推しているcoyoさんが、ストーリーの解説動画を上げています。(外部リンク

こちらは、文字を読むのすらハードルが高い皆さま向けに最適な動画というプラットフォームで、背景ストーリーを紹介しています。

動画ならではの、イラスト付きでの解説となるため、非常にわかりやすくできているのが素晴らしいです!

coyoさんは、開封動画ですら、そのカードの背景ストーリーなども語られているためオススメですよ~!

まずはこれを見ろ!的なcoyoさんの初心者向け動画はこちらをどうぞ~!(外部リンク




MTGストーリー、どこから読む?

さて、ストーリーへアクセスする様々な手段がわかったところで!

「膨大なマジックのストーリー、どこから追えばいいのさ!?」

そんな疑問にお答えします。

 

気になったカードのストーリーから読む!

無難な回答ではありますが、これが一番わかりやすくていいとおもいます。

おそらく、グーグルなどで「(キャラ名)+ストーリー」といったワードで検索すると、それに関わる公式記事などがヒットするはずです。

それらを読みつつ、wikiなどで情報を補完していくのが、ストーリーを知り始める一歩目としては良いのではないでしょうか。

ただ、歴史の長いキャラクターは、調べれば調べるほどその歴史を紐解くことになるためお覚悟!

 

テフェリーの物語知りたいなー!とか思ってドミナリアのストーリーから読み始めた二年前の私のようにな!!( ゚Д゚)クワッ

 

もちろん!繰り返しになりますが、当ブログでもカテゴリからキャラ検索でき、(執筆分に関しては)ストーリーを追うことができますよ!




近代マジックへの流れを読むには

さて、それでも近代マジックに繋がるストーリーを流れで追いたいよ!という方には!

個人的なオススメは、戦乱のゼンディカーから読み始めることです。

近代マジックのストーリーにおいて、「灯争大戦」が一つの大きな区切りとなっていますが、その灯争大戦に向けたストーリーのはじまりが、この戦乱のゼンディカーブロックといえます。

このストーリー後半にて、プレインズウォーカー同盟「ゲートウォッチ」が結成され、以降灯争大戦に至るまで、このゲートウォッチたちの活躍がメインで語られる、ということになるわけですね。

なお、カラデシュ以降は、灯争大戦に至るまでのボーラスの暗躍についても、これらのストーリーで追うことができます。

ざっくりご説明すると(※ネタバレご注意)

という流れを追うことができます。

これらすべて、上述の公式のストーリーで読めますしね!

ここまでの流れを押さえれば、いったん近代マジックの概要はつかめるはず!

後は過去セットのタルキールブロックを読むなり、さらに最近のエルドレインゼンディカーの夜明けなどへ移っていくと、スムーズに話が理解できてくるのではないでしょうか。

 

ちなみに、本ブログにおける、戦乱のゼンディカーブロックのお話は、「MTG初心者にこそ知ってほしい、ゲートウォッチの誓い」と銘打ってまとめましたので、よろしければこちらもぜひ!

また、上述の「ボーラスの計画」というのは、こちらにまとめています!




今回はここまで

いかがでしたでしょうか?

カードゲームの歴史と同様、マジックはストーリーの歴史も非常に長いため、ハードルが高いと感じられる方々も多いかと思います。

私もこんなストーリー紹介ブログを運営していますが、勉強すればするほど…

「あ、たぶん私ストーリーの半分も知らないわ…(;´・ω・)」

と思わされます。

でも、上述のような内容を知ってしまえば、ある程度ストーリーの面からも、MTGというゲームを楽しむことができますよ!

そして、これを知れれば、イラストやフレーバーテキストを含め、MTGを2倍も3倍も楽しめます!

ストーリーを知って、もっと充実させようMTGライフ!

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!

Posted by オクハラデン