【イクサラン】第1回 孤独のジェイス【ストーリー】

2021年4月22日

目次

はじめに

アモンケットの物語にて、ニコル・ボーラスに敗北したゲートウォッチ。

ボーラスの精神攻撃を受け、瀕死のところで逃げおおせたジェイスは未知の次元「イクサラン」へとたどり着き、自らの意志で撤退を行った他のメンバーは「ドミナリア」へと逃げ込みます。

物語は一度ここで分岐するのですが、まずはジェイスの降り立ったイクサランの物語から。

苛烈なボーラスの攻撃を受けたジェイスの代償は、ある部分に現われていたのでした。

 

記憶のない男

男が目を醒ますと、そこは壮大なる自然と、生物の中。

目に飛び込む自分の姿は、青い外套、長いズボン、そして堅い革の胸当て。

そのどれもに、見覚えがないのでした。

「誰かいませんか!?」

呼びかける声に、にじむ恐怖。

男には、自分がどうやってここに来たのかも、自分が誰なのかもわからなかったのです。

 

手がかりを探そうとして行きついたのは、なじみのある感覚。

体が溶けて消えゆくような、「ここでないどこかへ離れていくような」感覚。

しかし、今にも体が分解しそうなその時、円で囲まれた輝く三角形が頭上に現われ、男はあえなく地面へと引き戻されたのでした。

イクサランの束縛

 

やがて男は休息が必要だと悟り、眠りの態勢に入ります。

武器も、食料も持ち合わせていない。

自分はそれほどまでに愚かな旅人だったのか。

無防備な孤独感を味わいながら、男は周りの生物が自分を襲わぬことを願い、一晩を明かしていったのでした。

 

 

朝の日の光で目覚めても、まだ自分が何者かわからぬまま。

男は探索をすることとします。

 

一日かけて島を一周し、風を凌げる岩陰を住処としたのでした。

男はやっとのことで火をおこし。

海岸で打ち上げられた魚を捕り。

それを火にくべて、食料とする。

しかし、いつまでたっても焼けない魚に、男は混乱に陥ったのです。

片手を炎に近づけたが、熱くはなかった。

混乱は恐怖へと変化し、彼は手を炎へと直接突っ込んだ。

炎は、魚の死骸と同じく冷たかった。

手を胸元まで引き、男は恐怖に炎から後ずさった。

「何だよ? これ、こんなの、どういう事だよ!」

炎は眩しい青色にひらめき……青? ……そして不意に消えた。

けれど、煙が出ていたのに! 炎が木切れを燃やしていたのに! とはいえ炎の姿が消えるまで、一度たりとも彼は熱を感じなかった。

男の怖れは完全な狂乱となった。

彼は椰子の木まで後ずさり、串刺しの魚を恐怖とともに見つめ、その状況を素早く吟味して一つの合理的な結論に至った。

自分は記憶も食料も隠れ処も、技術もなくこの島に捕われ……そして今、その何よりも恐ろしいことに、自分は現実の掌握を失いかけている。

 

そして重々しく結論づけた。

自分は狂ってしまったのだ。




現われる幻影

この出来事以来、男は事態を受け入れられるようになったのでした。

記憶がなければ、目の前の現実を生きるしかないと。

島での生活のため、道具を作る男は、その過程で多くの幻覚を見ます。

雪のような白い肌に優美な白い髪の女性が、背後に浮遊しながら、彼の行動を日誌に書き記している。青い衣と銀の鎧をまとった、厳しい表情の役人。隻眼のレオニン。

孤独の中で彼は時折、視界の隅に紫ずくめの女性を見た。彼女が歩いてくると、どこか不安に胸を引かれた。

(中略)

「今回は本当にできたのか?」

その幻覚は、彼が何かに苦戦していると必ず現れた。

幅広の肩、きらめく鎧の下には汗が輝く濃い色の肌。釣り針を細く切り出そうとしていた時、その幻は肩越しに見つめてきた。

「いいか、君はその作業には向いていない。私に貸すんだ」

幻覚の声は不機嫌そうで、だが敵意はなかった。

恩着せがましいくらいに。男は苛立った。

「自分でできるよ」

その幻は溜息をついた。

「君自身も向かないとわかっているだろう。私に貸すといい、君は砂浜の向こうで思索していてくれ」

「自分でできるって言っただろ」 男は苛立ちを声に出した。

「いや、できないだろう。私は命令し、実行し、君は隣に控える。それが上手いやり方だ」

男は幻へと釣り針を投げつけることで応えた。それはその人物の目を素通りし、背後の砂へ落下した。

現われる男

やがて、男はこれは幻覚ではなく、自分が作り出した幻影なのだとわかり、歓喜します。

自分は狂っていたのではない!魔道士なのだ。

事情を把握した男は、思いつくままに想像し、様々な幻影を作り、その光景に笑い、そして…。

そして、静かに泣いたのでした。

どこまでいっても解消されない、途方もない孤独。

彼は自身へと、ここから離れるように念じた。だが何も起こらなかった。

目を閉じて、友や故郷の様子を思い出そうとした。だが何もなかった。

「俺をここから去らせてくれ」 彼は誰ともなく言った。

風は頭上の竹林を揺らし、男は顔に手を当てて、弱々しく泣いた。

(中略)

「随分ひどい姿だこと」 楽しむような声が頭上から聞こえた。

男は手を動かした。女性の幻影が立っていた。鴉の濡れ羽色の黒髪、気怠い瞳、軽蔑するような表情。身体の前に組まれた腕には、紫色をしたサテン地の長手袋をはめていた。

「いい筋肉になったじゃない、でもその髭はいただけないわ」

唇が軽蔑するような冷笑に歪んだ。

男はかぶりを振り、目の端に涙が浮かんだ。

「貴女が誰なのか、わからないんです」

「そうでしょうね、坊や」

(中略)

この幻影が現実でないことを気にするのはやめた。何よりも、話し相手が欲しかった。

「ここに来る前、俺は誰だったんですか?」

「あなたが思っていたような者じゃない、それは確か。誰も本当のあなたなんてわからなかった、私以外は。あなたは決して指導者でも探偵でも学者でもない。人を騙して遊ぶ馬鹿な子供だったのよ」

(中略)

むせび泣きたかった。戻って眠りにつきたかった。この全てが無くなるまで、飢えて死にたいと思った。

「貴女が誰なのか、わからないんです」 彼はようやく、かすれた声で認めた。

女性は膝をつき、爬虫類のような冷たい笑みで彼と目を合わせた。

「あなたが今までに出会った中で、最高の存在よ」

男は叫び、手を振って彼女を追い払った。女性の映像は青色の靄にまたたいて消えた。彼女はいなくなった。

 

「必要もない幻影はもう沢山だ!」

男とは叫び、そして憑りつかれたように作業を始めたのでした。

もはや自分が何者だったのかはどうでもいい。

大切なのは、自分が今生きるに値する存在なのかということ。

男は5日間動き続け。

疲労と達成感とともに、彼の目の前にはその成果が出来上がっていたのでした。

ここから出るための、一人分の「筏」が。




男を知る者

航海初日。

水平線の向こうへ島は消え、男は生きられる確信とともに海を渡ります。

しかし、3日目にして海は波立ち、4日目にして男は雷雨に巻き込まれたのでした。

 

目覚めたのは、草木も生えない岩山のような島。

疲労と挫折が心を襲う中、探検する気力も起きず、ただ一つ確信したことがあったのです。

自分は完璧に住みよい島と、徹底的に酷いそれを交換したのだと。

永遠とも思える時間を覚醒と睡眠を行き来する男。

彼にかけられたのは、もう思い出せないくらいに久しぶりの人間の声だったのでした。

「逃げるなとは言ったけど、ちょっとそれは議論の余地があるね。プレインズウォークで窓へ飛び込む感じ、違う?」

あまりの疲労に、声の源へ顔を向けることもできなかった。近くにいた。誰かが怒声を向けているに違いなかった。

「船に新しい船首像が欲しい所なんだよ、ベレレン! 誰の命令でここにいるのか、正直に言いな。そうすれば痛くないように殺してあげるからさ!」

ベレレン? それは俺の名前なのか? 眠気のもやの中で彼は訝しんだ。

水飛沫を上げて足音が近づいてきた。カモメの鳴き声。重く、無造作に錨と落とす音。その女性は自分で調べようと小舟を下りてやって来たに違いない。

真上から、彼は小さく息をのむ音を聞いた。

俺の見た目はそんなに酷いのか? 彼は訝しみ、そして心で認めた。こんなに気分も具合も悪いんだ。見た目だって悪いに違いない。

塩の塊と眠気を破り、男は瞬いて目を開けた。

そして、その巨大な木造船の船長としか考えられない、堂々とした女性に目が釘付けになった。

際立っていた。

長身でしなやかな女性。鮮やかな翠玉色の肌、触手の髪が風に興味深そうに踊っていた。ゴルゴン、何故かはわからないがそう知っていた。とはいえ、その目を見つめても恐怖は感じなかった。

その女性は流木の上に横たわる男を見下ろすと、黄金色の瞳を大きく見開いた。そして驚きの視線で彼を見つめた。

興奮と恐怖を彼は同等に感じた。この女性は俺が何者なのかを正確に知っている。

「ジェイス、お前、一体どうしたってんだい?」




今回はここまで

いやぁ…

イクサラン…始まりましたねぇ!!!

 

「ジェイス、お前、一体どうしたってんだい?」

から始まる尊すぎる物語!

これぞイクサランですよッ!!

 

出典となった小説は、記憶喪失となったジェイスが、自分という人間とは何か?を探索するべく奮闘する名文です。

食糧についてはもう少々の試行錯誤を要したが、食べ物の好き嫌いがわかった時には興奮した。彼は尖った石から単純なナイフを作り上げて味見に用いた。カキは気に入った。柑橘らしき実や、長い緑色の果物と小さな赤色の果物も。だが紫色の根菜は嫌だった。舌が痒くなり、これはアレルギーだと発見した。何と面白いのだろうか!

このあたりは表現としてリアルで、非常に面白いですね!

また、イクサランの基本地形の一部にはちーーっちゃくジェイスが描かれているところも、ストーリーに準拠していて素晴らしいところです!

というわけで次回もお楽しみに!
☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!


【関連記事】

【破滅の刻】第7回 ゲートウォッチの敗北【ストーリー】

ジェイスとヴラスカの因縁【ストーリー】

 

 

*出典*

MAGIC STORY 孤独のジェイス

 

Posted by オクハラデン