【霊気紛争】第2回 キランの真意号【ストーリー】

2021年4月11日

はじめに

前回、カラデシュの領事府の蛮行へ抵抗するため、発明家たちの救出、霊気拠点の奪還、領事府軍の攪乱の役割に分かれたプレインズウォーカーと発明家たち。

そして、幽閉されていたラシュミはサヒーリによって救出され、霊気拠点はピア・ナラーの指揮のもと奪還されたのでした。

差し迫る反抗勢力の手に、テゼレットやドビンも反撃を構えます。

 

領事府の作戦

領事府の一室で、ドビン・バーンは分析していたのでした。

弱点の分析、それが彼の最も得意とすることです。

そして、その力が今まさに必要とされていたのでした。

大領事は普段通りの声色で言った。

「君は欠陥を見つけるためにここにいる。仕事をしろ。突破口を見つけて実現させろ」

バーンはゆっくりと息を吸い込んだ。計画を考え付いてから十分間が経過していたが、まだ誰にも伝えられずにいた。

「宜しいですか?」 戦略盤を示すと、大領事は簡素な頷きで返した。

 

ドビンはテゼレットへ、説明をします。

今回の異分子である客人ーゲートウォッチたちの弱点は大きく二つ。

一つは、統率者のいない組織であること。

もう一つは、チャンドラが直情的であり挑発に乗りやすいということ。

ギデオンが引く防衛線は、背後から攻めれば良い。

チャンドラは、然るべき人が誘い出せば良い。

その作戦を聞いたテゼレットは、部屋へバラルを呼び出します。

彼は二人の前で立ち止まり、おざなりの敬礼をした。

「バラルです。ご命令でしょうか」 そして一瞬の後、付け加えた。「閣下」

「ナラーとやり合ったことがあるそうだな」

ゆっくりと、不愉快な笑みがバラルの顔に広がり、火傷の頬が険しい不毛の山峡と化した。

「以前に」

(中略)

「ナラーを怒らせろ。奴等を霊気拠点から誘い出せ。奴等、そして仲間どもをなるべく多く、追跡できるように」

バラルは傷つき欠けた鼻で喜ばしく笑った。「容易いことです。その後は?」

テゼレットは軽蔑的に手を振った。「好きにするがいい」

バラルは残っている眉を上げた。「好きに、ですか?」

大領事の金属の鉤爪が合わさり鳴った。

「領事府に対する裏切り者だ、バラル。暴力の歴史とともにある魔道士だ。もし降伏しないならば……」

彼は肉の掌を宙に掲げた、無表情で。

バラルは背筋を正した。片方の犬歯が唇の間から覗いた。それは笑みなのか嘲りなのか、バーンには判別できなかった。

「了解致しました。危険な魔道士を野放しにしてはおけませんので」 そして立ち去ろうと背を向けた。

「分隊を連れて行け。それとバーン公使も行く」

(中略)

バーンは大領事を見た。「ご説明を」

「バラルは闘犬だ」 テゼレットは戦略盤を見た。「君は手綱だ。追わせるのではなく、噛ませろ」

 

キランの真意号

改革派の倉庫の中、ラシュミは一台の飛空船を眺めていました。

テゼレットの破滅号。

改革派の次なる作戦は、霊気拠点の霊気を利用し、この船を動かし、そして領事府霊気塔のテゼレットを打ち倒し、次元橋を破壊すること。

 

やがて、ピア・ナラーが拠点奪還の知らせとともに帰還します。

彼女は、発明品を奪われた発明家を鼓舞し、打倒テゼレットへ向けて檄を飛ばしていたのでした。

「あなたが倒して」 ラシュミは囁き、エンジン窓を閉めた。

テゼレットの破滅号は完成したのだ。

そして、スカートの端で黄金の線条細工から機械油と埃を拭い取った。

「元気でね」 最後に一度だけ抱きしめ、彼女は立ち去ろうとした。

だがすぐに足を止めた。ハッチの上の何かが目にとまった。彼女は立ち止まり、近寄り、目を細めて見た。汚れの層を拭われたことで、金属の彫り込みが見えていた。二つの文字が、芸術的な手腕で刻まれていた。「K.N.」と。

ラシュミの息が止まった。キラン・ナラー。そうに違いなかった。ピアのかつての夫、そして遠い昔にこの船を設計した発明家。

(中略)

この金属を最初に形作ったキランの手が、この設計を考えたキランの精神が、そして今やキランの真髄が、創造物に流れていた。

ラシュミはその心に浸った。飛行への愛。都市の空高く舞い上がる。誰も止めることはできない。創造への、かつて誰も作ったことのない何かを作り出すことへの情熱。限界に迫り、危険をものともしない熱意。そしてもっと大きなもの、ラシュミが予想していなかったもの。創造の自由を守るという熱い想い。革新を抑えつけようとする者へと立ち上がる、彼がとても大切にしている発明の魂を守るために。

 

やがて、助手のミタルが、ラシュミを呼びに来ます。

そしてピアが自分の横に彼女を迎えると、その功績をたたえるように話し始めます。

ラシュミはテゼレットに捕らえられ、そして脱出したのだと。

彼女にこそ、テゼレットを打ち倒す権利があると。

沸き立つ群衆の声の中、ピアに促され、ラシュミは前へと進み出ます。

静まり返った空間の中、ラシュミは一つの提案を行います。

この船には、新しい名前が必要だと。

「テゼレットの破滅号、というのは」 ラシュミは続けた。「良い響きです、特に私にとっては。これは本心です」 少しの乾いた含み笑いが上がった。

「そして的確です。私達がやるべきことです、あの怪物の支配を終わらせる。そして私達は終わらせます、きっと」

まばらな叫び声が上がった。

「ですが私達が皆ここにいる理由は、最終的に目指すのはテゼレットの破滅ではありません。何にせよ正確ではありません。私達がここにいるのは戦うためでも、打ち倒すためでも、破壊するためでもありません。そうするのは、それが必要だからです。守るために必要だからです。けれど守ることこそ、私達が真に求めること。私達はこの都市を守るために、その魂を守るためにいるのです――発明の魂を。危機に瀕しているものを。私達は発明家です。創造し、建造し、この世界に捧げるのです。世界から奪うのではなく」

散り散りに同意の叫びが、ラシュミの言葉を繰り返した。

「心の奥深くでは、私達は誰もが自らの本質を心得ています。ですが思い出すために、この船を設計した人物の事を考えましょう。偉大なる発明家キラン・ナラーを」

部屋のあらゆる目が一斉に、ラシュミの隣に立つ女性に向けられた。ラシュミはピアが隣で背筋を正すのを感じた。

「キランさん程に発明の精神を体現していた者はいません。あの方は創造のために生きました。自由に表現する権利は誰にでもあると信じていました。そしてこの船を破壊のためでなく、発見のために建造しました。この全てが終わったなら、あの怪物を打ち倒したなら、勝利したなら、キランさんの船が希望のために飛び立つこと。それが私の何よりも大きな望みです。船はあの方の魂を運ぶでしょう、発明の魂を世界の隅々にまで。そのために私はこの飛空船、キランの真意号を完成させました」

ラシュミは霊気瓶を頭上高くに掲げた。

「私達が、私達であることを忘れないために」

そして船首でその瓶を割ると、神秘的な青い物質が黄金色の金属にきらめいた。

歓声が爆発した。ラシュミの両目は涙に滲んでいた。ピアが彼女の肩を抱きしめた。

「ありがとう。本当にありがとう」

彼女はラシュミの手をとり、弾ける歓声へ向けて挙げた。

「発明の魂に!」

群集から一つの声が上がった。ラシュミはその声の主がわかった。ミタルが拳を宙に掲げていた。互いの目が合った。彼女は友へと微笑みかけ、別れなど言う必要はないと知った。私達は発明家、時間的霊気抽象作用という新分野の研究者。

そしてテゼレットにもう何も奪わせはしない。

キランの真意号



翻弄されるチャンドラ

ヤヘンニ邸の屋上で、ギデオンと、ニッサと語らっていたチャンドラの耳に突然届いたのは、自分を呼び出す声。

「「疑問なのだがね、あの話をご友人らには話したのかな? 君がどうやってお父さんを殺したのかを。君がどうやってお母さんを、五年も牢に閉じ込めたのかを」」

何もかもが白く消えた。両目から火花が散った。気にしない。

「「私はお母さんと毎日話したのだよ。ああ、そうだった。君の行いを言い聞かせてな。毎日。そのことはお母さんから聞いたか?」」

お母さん?

「「お母さんはどれほど恥ずかしかっただろうか」」

やめて!

「「時々泣いていたな。君の炎がお父さんを飲み込んだ様子を話した時などは。叫びながら、皮膚が焦げて音を立てながら。君という子が生まれたことを呪いながら」」

「嘘吐き野郎!」 かすれた金切り声が出た。十一歳の子供の声が。

ギデオンは塔へ声を上げていた。監視機械か飛行機械か、私はわからない。上の方で稲妻が走って道路沿いの屋根から塵の雲が舞った。

バラルは笑っていた。「「あの日、本当に何人もが死んだな。小さな化け物よ」

「あいつを殺してやる。燃やしてやる」

食いしばった歯の間からその言葉が漏れ出た、両目から星が落ちたみたいに。

 

これは陽動だ。

気づいたギデオンは、階下のものに警告を促しますが、振り返るその間に、チャンドラは外へととびだしていたのでした。

同時に耳に届いたのは、戦線に機械巨人が迫ってきているというしらせ。

チャンドラを守りたいという気持ちと、基地を守らなくてはいけないという感情。

『いつか来るだろう』 ヒクサスの声が遠い過去から響いた。

『君が守りたいものと、守らねばならないものとの板挟みになる時が』

ギデオンは目を開け、ニッサの果てしないそれを見つめ、口から息を吐いて、灰のような味のする言葉を絞り出した。

「彼女を守ってくれ」

ニッサは頷き、去った。

彼は階段を駆け上り、束の間の鼓動を思い返さないよう努めた。小さな、猛烈な、大切な太陽を胸に抱えた時の。




今回はここまで

ついに来たぞ!

キランの真意号の命名の瞬間が!

しかし、読めば読むほどなぜに「真意号」という名前なのか…と疑問になるネーミング。

Heart of Kiranだよ?

発明家の魂に!というコンセプトなのだから、「キランの魂号」じゃ駄目だったのかしら…?

などなど思うところはアリですが。

 

悪の破滅は目的ではない。

真の目的は自分たちの誇りを守ることであり、敵の打倒はその手段に過ぎない。

自分たちの目を曇らせないためにも、船の名前を発明家の精神にのっとって変更する。

よくできたお話ですよねぇ…。

 

というわけで。

次回はチャンドラvs宿敵バラル!

お楽しみに!

 

【関連記事】

チャンドラの灯の覚醒~発明家の家族を襲った悲劇

「チャンドラの誓い」の背景ストーリー

 

*出典*

革命の始まり

Posted by オクハラデン