【ニューカペナの街角】第2回 エルズペスの仕事【ストーリー】

はじめに

前回、安住の地を求めてニューカペナを訪れたエルズペス。

彼女はその街で生活を営みつつ、アジャニの依頼を達成する機会を伺っていたのでした。

それは、ニューカペナがファイレクシアを退けたという秘密を探ること。

そしてそのために、彼女は街の巨大組織の一つ、貴顕廊一家へと加わったのです。




目次

博物館にて

貴顕廊に取り入ってから数週間。

目的の博物館に仕事を得たエルズペスは、そこで雑用をこなし続けていたのでした。

そして、彼女が狙いをつけていた人物がひとり。

それはこの博物館の館長にして、貴顕廊の長、ザンダー。

その角を持つ吸血鬼こそが、ニューカペナとファイレクシアンの真実を把握している。

そう踏んだ彼女は、ここで単調な作業にも粛々と従事していたのでした。

 

そして、当のザンダーも、エルズペスへと目をつけていたのです。

雑用をこなす彼女に、ザンダーは提案します。

今以上のものを得たければ、更なる働きが必要だと。

「何をすればいいのですか?」

「少しの仕事だ」 ザンダーは立ち止まった。

「だが心して欲しい。君は一家の真の一員となる道を歩き出すことになる。貴顕廊の一員として生涯を過ごすのだ。従ってそれは君が真に求めるものなのかをよく考えることだ。そうでないならば……」

彼は博物館の正面玄関を示した。

「今すぐ立ち去ってくれたまえ。誰も咎めはしないし、今後君を悩ませることもしない」

(中略)

彼女はザンダーをまっすぐに見つめた。

「やります」

 

それからザンダーは、エルズペスへと様々な依頼をします。

開けてはならない荷物の運搬や、目標の人物の追跡…。

そして仕事を終えるたび、彼は少しずつ情報を開示したのでした。

ひとつに、この街の歴史。

“大いなる脅威”に立ち向かうべく、大天使と悪魔王が手を取り合ったこと。

そしてその過程で五つの家はデーモンと契約を交わし、ザンダーも半悪魔となったこと。

ひとつに、ニューカペナの誰もが求める「光素」の正体。

グラスに注がれた輝く液体は、躊躇いながら飲んだエルズペスの中に力をもたらし、疲労を取り除いたのでした。

人々が争うだけはある、そうザンダーは認めます。

「こんな素晴らしいものをどうして?」

(中略)

「誰が知るというのかね? ニューカペナを永遠に続く壮大なパーティーにするため、かもしれないな」

ザンダーは含み笑いとともにかぶりを振った。

彼自身、そのような説明は信じられないというかのように。

エルズペスもそれは全く信じなかった。

これほど強力で貴重なものは、ただ楽しむためのものではない。目的があるに違いないのだ。そして彼女は推測し始めていた。

その目的とは、ファイレクシアンを打倒するためかもしれない。




同胞との出会い

その日エルズペスが任された仕事は、胸に秘めた光素の小瓶の運搬。

目的の公園へと至り、忘れ物のように置かれた紙袋へと彼女が手を伸ばしたとき。

素早い動作で、その手は別の手に制されたのでした。

エルズペスと対面する女性。

翠玉色の瞳、黒と白の混じった髪、そして浅黒い肌。

その自然の生命力は、彼女がプレインズウォーカーであるとエルズペスに気づかせるほどだったのです。

 

わずかなやり取りで嘘をつけないと悟ったエルズペスは、彼女へと目的を話しました。

自分は、この次元の歴史を知りたいのだと。

「脅威が迫りつつあって、その情報を手に入れようとしているんです」

「それは間違いないし、どうやら動機は同じのようね。そうそう、私はビビアン」

「エルズペス、です」

偽る理由はなかった。人を見る目はあると信じており、ビビアンは信用に値すると感じた。

「誰のためにその情報を集めてるの?」

ビビアンが尋ねた。エルズペスが返答を考えている間に、ビビアンは続けた。

「当ててあげる。ゲートウォッチ?」

その名が出たことで、エルズペスはビビアンをまっすぐに見つめた。

 

ビビアンと名乗るプレインズウォーカーも、同様の目的で動いていることを話します。

そして、その「脅威」についても教えられることがあると。

彼女は一緒に来るよう誘いますが、エルズペスはこれを断ります。

得るべき情報を知るまで、ここは離れられないと。

了承したビビアンは、情報が入ったら伝えると約束し、去ろうとしたのでした。

「どうして私を手伝ってくれるんです?」

ニューカペナに来てもう長くなる。見知らぬ者がただの善意で手を差し伸べてくれるというのは、怪しく思えるようになっていた。

「この次元の問題にはまり込む前に、詳しいことを確認した方がいいわよ」

ビビアンは重苦しい声色で告げた。

「次に会う時までにね」

「それはいつになります?」

声を上げないように、エルズペスは尋ねた。

「価値のあるものが手に入った時に」

ビビアンは小さく頷いてみせた。

「会えて嬉しかったわ」




華やいだエルズペス

仕事の帰りが遅れたことを謝罪するエルズペス。

問題ないと微笑むザンダー。

彼はエルズペスへと、話し合いたい重要事項があると言います。

それは、『敵対するもの』という存在について。

エルズペスも小耳に挟んだことのあったそれは、ニューカペナの五つの家による均衡を崩しかねない者。

それが持つと言われている『源』は、光素を無尽蔵に供給するのだと。

 

ザンダーはエルズペスへと更なる仕事を依頼します。

舞台座へ潜入し、『源』の噂を調べること。

そして、その在処を突き止め、鍵を開けておくこと。

武器としてナイフを託されたエルズペスは、成功報酬としてザンダーの書庫の閲覧権を要求しました。

小出しの情報でなく、全てを知りたいと。

ザンダーは彫像のように無言だった。

(中略)

「良いだろう」 やがて、ザンダーは言った。

「役割を果たしたまえ。そうすれば我が書庫の知識は全て君のものだ」

「ありがとうございます」

エルズペスは退出しようとし、だがザンダーは彼女を止めた。

「おや、まだ終わりではないよ」

「はい?」

ザンダーは楽しむような笑みを広げた。

「そのような装いで舞台座のキャバレーに向かうつもりかね?」

 

右肩に羽、身体に金属の装飾を纏ったエルズペスは、キャバレーへと潜入していました。

バーカウンターへ向かった彼女は、その先のエルフへと仕事の斡旋を依頼しますが、舞台座の一員は無下にこれを断ります。

食い下がる彼女に目を付けたのは、隣に現われた歌姫キット。

彼女はエルズペスの名前に興味を持つと、壁際の小部屋へと彼女を案内したのでした。

そこに待ち受ける、二人の女性。

「キット、その人は?」

ふたりのうち年長の女性が眉をつり上げた。その前の卓に丸くなる犬も同時に顔を上げた。

「貴女が言って」

キットはふざけたようにエルズペスを突くと、長椅子に滑り込んだ。

「エルズペスといいます」

「エルズペス」 先ほど問いかけた女性が、面白がるように繰り返した。

「墓場以外でその名前に会うのは初めてね。現代にようこそ、お人形さん。いいドレスじゃない、名前とは違って全然古臭くなくって。私はジニー」

 

そう名乗った女性と、隣にいるもう一人の女性はジアーダ。

ジニーと違い、軽装で寡黙な少女。

キットは面白そうに言います。

エルズペスのような女性が、祝祭”クレッシェンド”を手伝うのは面白いのではないかと。

ジニーは頷き、エルズペスを見た。

「働きたいというのは本当?」 エルズペスは頷いた。

「それなら、幾つか仕事をあげられると思う。上手くやれたなら、クレッシェンドに向けて舞台座の一員になれるかもね。言っておくけれど、きっと見逃せないパーティーになるわよ」




敵対するもの

鏡張りの部屋に座す「敵対するもの」。

そして彼を取り囲む、忠実な副官と役員たち。

彼らの中で最も地位の高いものが紹介を始めます。

これこそが『源』だと。

「敵対するもの」はしばし考え、そして吠えるような笑い声をあげた。何という。あれが「源」だというのか? 実に哀れを誘う。とてつもない力、それが熟して奪われる時を待っている。

(中略)

「我らが、クレッシェンドを注目に値するものにしてやろうではないか」

オブ・ニクシリスはグラスを回し、自らのそれを乾杯に掲げた。

「この次元の支配に、乾杯だ」




今回はここまで

せっかくきれいな装いを手に入れたのに、あっという間にそのお役目御免になるエルズペスさん。

以降舞台座へと潜入完了した彼女は、給仕係として働くことになります。

パックの表紙イラストにもなったのに、出番一瞬やんけ…!

 

そして、ニューカペナに巣くう脅威「敵対するもの」。

その正体がオブ・ニクシリスであることも、しれっと判明しました。

やがてニューカペナに、祝祭”クレッシェンド”迫る!

…まぁMTGのストーリーにおいて、祝祭なんて良いことないですからね…(”真夜中の狩り”のストーリーを横目に見ながら)

というわけで次回もお楽しみに!

 

☆Twitterで更新情報発信中!フォローお願いします!

【関連記事】

【ストーリー】エルズペスのこれまで【アラーラ~テーロス還魂記】

「チャンドラの誓い」の背景ストーリー

↑ニクシリスの強キャラエピソード

 

*出典*

メインストーリー第2話:汚れ仕事

メインストーリー第3話:試練